カラダの場所によって汗の出る量がかなり違ってくる

私自身の汗の悩みは、カラダの場所でかなり汗が出る量が違ってしまうことです。

たとえば、夏の汗。

家族はおでことか背中から汗をかいていますが、同じ状態で生活していても、自分はおでこに汗はかいていなくて、両脇とうなじの部分にすごく汗が出てくるのです。

ココに汗をかくとすごく気持ち悪いです。

主に、みんなもそうなのかもしれませんが、ワキの箇所に汗は出ないで欲しい場所です。

顔に関してもほぼ発汗していないように見られるのか、同じように運動しても「動きが足りないんじゃない?」と変に疑われてしまいます。

こういう時は、ちょっと気分が悪いですよね。

ワキやうなじにたくさん汗をかくので、臭いの方が心配になります。

ですから、海外品の大きなサイズのもので、また日本では売られていない香水を好奇心でネットショップでお取り寄せしてみました。

他にも、ミョウバンの石も効果はあるそうです。

最近ではスーパーなどで売られています。

多汗症の方でも多様なかおりの選択の幅があるので、非常にうれしいですよね。

わたしは自分の足臭に困っています。

バスタイムには毎度指間部まで入念に汚れを落としているのですが、なんの効果もなく起きた時から臭います。

帰る頃には一段と臭くなるので、居酒屋などの座敷に上がる時には心配でたまらなくなります。

自分で気付いてから今の今まで周囲の人からクレームをつけられた事はありませんが、多分皆さん「臭い」と思っているはずです。

皆に気を遣わせたくはないので、こっちの方から自虐ネタ的みたいに話しています。

「足臭」に気が付いた頃よりも強烈な臭いになっている気がします。

確認してもとりわけ小指の間の臭さは強烈です。

勤務中にシューズを脱ぐような状況があると、気が滅入ります。

消臭フットクリームや蒸れにくいソックスをつけていますが、あまり効き目はありません。

靴そのものにも足臭がついていると思います。

シューズ自体に香水を振りかけてみた事もありますが、NG行為だったらしく足の臭いと香水臭がミックスされてとんでもない臭気を漂わせることに・・・。

色々と試しましたが、この頃は高頻度で足部分をキレイにすることしかしてません。

自分は小さい時から沢山汗をかく方です。

よく汗をかくシーンというのは、プレッシャーを感じたときです。

昔、事務のお仕事をしていたのですが、みんながいる前でプレゼンテーションをする時や面倒なもめ事があったときなど、わき汗がたくさん出てきます。

それがすごい悩みなので、わき汗の対処には気配りしていたのです。

一年中制汗スプレーで抑えていましたし、出かけるときも必ず身体(脇を重点的に)にスプレーしてから出かけます。

そのお陰だと思いますが、人から「汗くさいね」なんて言われたことはないです。

多分制汗剤で食い止めていなかったら、周囲に嫌われていたかもしれません。

手汗も凄く、彼の手を握るのは嫌でした。

平常心を保てなくなるため、一段と手汗が出てくるからです。

夏場は一日に何回もシャワー浴びたくなります。

「自身の汗のニオイで他人に不快感を与えているのではないか」と考えてしまい、恐怖感を持っているのです。

あんまり発汗しない人をうらやましく思います。

幼い頃から汗を沢山かく為、今後も自分の汗と付き合っていかなければならないって思うと憂鬱です。

自分自身の足臭さに困っている。

帰宅し、クツを脱ぎ家に入って歩くだけで猛烈なにおいがしてくる。

そして靴下を脱いだとたんにまた臭いが酷くなる。

鼻にツンとくるニオイにオエッ!っとな時もある。

なぜ足臭が激しいのかいろいろと調べてみた。

まず初めに、靴です。

靴に何も手を加えないで一か月以上ひたすら履いているとニオイが出るのも当たり前。

また夏場だったら尚更だ。

靴を履く時間なんて、少ないのだったらお手入れに関してもおろそかになってしまう。

次はクツシタ、靴下にも靴についていたニオイが移る時もある。

しかも何回も履いている靴下を使ったりすると、洗濯をしてもニオイが取れなかったりする。

この2つの事が主な要因ではないだろうか。

臭い全てを消すことは出来なくても、できるだけ抑えるための対策には次のような事が出来ると思う。

最初にクツの場合は水洗いも大事だけど、きっちりと乾燥させて日陰で天日干しすることで臭いを抑えることが出来る。

あと、クツシタについては洗濯機で洗ったら充分に乾かすことが大事なのです。

この2点をやるだけでも、おおいに違ってくるのでみなさんにやっていただきたいです。

スイス発の制汗剤がお試しキャンペーン実施中⇒AHCセンシティブ 口コミ